1/11
素質を開花させる専門家
自分を変えたい 人生を変えたい

TVやラジオでも注目を集めています

病院に行っても改善しない

心身の不調  慢性症状

友達に話しても占いでも

解決できない深い悩み​

手術を強く勧められたが

直感的に不信感がつのる

カイロや整体に通ったが

お金と時間が無駄になった

 
 
何故治らないか知ってますか?
​あなた自身を理解してますか?
情報を正しく見極めてますか?
ボキボキ整体で大丈夫ですか?
電気をあてて改善しましたか?
長期の投薬続け大丈夫ですか?

​もう何処へ行けばいいのか

 解らないあなたへ

​選択1気功整体で改善

 

強い刺激は逆効果

揉みほぐしは絶対NG

強い刺激で押したり揉んだり、叩いたりすることは絶対に身体に良くありません。

 

筋肉は繊維状になっていて、この繊維は意外に繊細で強い刺激で簡単に破壊されてしまいます。これが揉み返しの状態です。

健康な身体は揉み返しが起きても数日で筋肉が再生してくれますが

 

お年寄りや身体の弱った方、体調不良の方が筋繊維を破壊してしまうとなおさら悪化します。

致命的に回復出来ない状態になってしまうこともあるのです。

 

そして一番怖いのが「体を鈍くする」です。

 

強いマッサージ等を受けた体は一時的に楽な気分になりますが、これは強い刺激によって感覚をバカにしているのです。

これを繰り返すと刺激に慣れてしまい完全に鈍感な身体になってしまいます。

身体が鈍感になると自らが出す身体の警告シグナルが感知出来なくなるのです。

 

この警告シグナルとは だるい、発熱、嘔吐、重い、かゆい、しびれ、痛み、コリ、寒気等の症状を始めとし、下痢、吹き出物、顔色の悪さ、目の色の変化、むくみ、等も 身体の不調を訴えてくれるサインです。

 

 

身体は快適に こしたことはありませんが

 

「どこか痛い」「身体がだるい」等を感じることは大病になってしまう前の警告お知らせサインなのでとても必要なことなのです。

 

私たちは警告お知らせサインのお陰で養生したり病院や治療院で根源を調べ改善したりすることにより健康を取り戻すことが出来るのです。

身体を鈍くするということは警告お知らせサインを感じとれない身体にしてしまうのです。

糖尿病、脳梗塞、くも膜下出血、動脈硬化になる方は例外なく身体が鈍い方です。

つまり身体に良かれと強いマッサージや

荒いボキボキ整体やカイロや頻繁な鍼灸は

 

一時的に楽になるだけで大病になるまで気づかない鈍い身体」を作ることになるのです。とても皮肉な結果を引き起こしてしまいます。

当院の施術はゆっくり無理なくソフトに筋肉をほぐし歪みを調整します。

 

そして当院の真骨頂独自の気功法によりマッサージや整体だけでは届かない、心身の奥へのアプローチで劇的効果を実感していただけます

東京都主催の講座の様子(中央区)

何故ひざ痛は治らないのか

選択2:学びながら改善

身体とメンタルは自分で守る

 食・水・現代医療の矛盾

私たちの無知が病気の根源を作り

病気を引き起こしている

 

​生命や健康ということを深く本質を

探っていくとビックリするほど私達は

無知なことを思い知らされます。

 

残念なことに真実を探れば探るほど我々が

今まで教えられてきたことや信じてきた事が

真実や本質とは違っていることが、沢山

あることに驚きます。

その間違った情報とは

 

時代の変化と共に進化、変化したもの

●何がしかの理由で情報操作されたもの

の二通りあることに気付かされます。

 

テレビや新聞等のマスコミはスポンサーや

大きな組織圧力によって情報操作をします。

この文章を読んでいただいている賢いあなた

理解されているはずですね。

 

どちらにせよ自分から真実を学ぶことを

積極的にしなければ私達の知性は自動的に

アップデート(更新)をしてくれません。

例えば

 

国産農作物は安全と思っていませんか?

(日本でしか使わない劇薬のような農薬)

 

学校給食の牛乳やパンは栄養満点で安全?

(70年代までの牛乳や小麦粉と現状は別物)

大手の国産メーカーの洗剤やシャンプー、

化粧品は安全だと思っていませんか?

(子宮筋腫やアトピーと界面活性剤の関係)

お医者さんは絶対的に正義?

(ガン、うつ病、アトピー治療の実態)

これらはごく一例で

ここではとても記載できないような恐ろしい

真実は数え切れぬくらい知っています。

 

 

洗っても取れない農薬と水の話

​国立がん研究センターが去年、抗ガン剤は

ガンに効果が無いことを発表しました。

 

アメリカやヨーロッパや東洋医学の世界では

一昔前からから常識でしたが日本の医療の

場では ようやく去年このような発表が

あったのです。

 

この発表がされた後もいまだに

抗ガン剤治療は日本の医療現場で今日も

ガンに苦しむ患者に投与されています。

ガンと診断された患者は絶望と不安で平常心を

失っています。医師が抗ガン剤を勧めれば言わ

れるがまま医師に身をゆだねてしまいます。

 

そして抗ガン剤を投与された患者は

あなたがご存知のように様々な副作用の

苦しみの中、ジッと奇跡を祈ることしか

できない、、これが我が国医療のシステムです。

効かないと解っている劇薬を実験のように

患者に投与している医療現

 

 

残念ながら現代の医療システムは病気を

治すという目的は優先されていません。

ガン以外にも

降圧剤、抗うつ剤、糖尿病治療をはじめと

してやけどの処置等でもこのような本質が

無視された医療処置が行われているケース

たくさんあります。

 

これらは何を意味するのでしょうか?

 

これは医療が

「ガンビジネス」「高血圧ビジネス」

「糖尿病ビジネス」「うつ病ビジネス」

という産業システムになってしまっている

あらわれです。

 

真実を知らないことで​病気を引き起こして

いることや病気を悪化させていることは

星の数ほどあるのです。

まず我々は、

「多くを知らない無知な自分だ」と

謙虚に受け止めなくてはいけません。

 

命を大事にして永く健康で幸せに生きて

いくためにはいつまでも学び知ることが

必要だと認識しなければなりません。

病気になったら医者で注射や薬で治す

​マッサージでほぐしてもらい疲れをとる

必要なことは学校やテレビ、新聞で学んだ

このような

他力本願の情報弱者の発想は

        もうやめにしましょう。

そして一緒に正しく本質的な命と

健康のことを学んで生きましょう。

当院では施術を行うだけではなく

​勉強会、講習会、セルフ気功講習や

癌細胞が消える水の勉強や配給等を

定期的に行っています。

<院長の矢部の別の顔>

ミュージシャン活動をしています。

結婚式のオリジナルソングや

お店テーマソング等の楽曲提供、

ギター作曲教室を主宰したり

ライブ活動もしています。

​興味のある方は画像をクリックしてください

素質が解ると世界観ができる
素質を使って使命感を達成しよう
悩み解消 不安解消、心のケア
素質を理解して社会貢献をしよう

​東京都中央区日本橋蛎殻町

1-30-12-105

  • Nihonbashi

-

  • Chūō

​↓電話クリック↓

​メールでのお問合せ

素質力とは